クリントン大統領が不適切な関係をもった?

第四章クリントンの場合
大統領の名を汚したビル・クリントン
一九九八年八月十七日は米国大統領にとって忌むべき日となった。現職大統領が犯罪容疑で連邦大陪審にて宣誓証言を米国史上初めて行ったのである。容疑は元ホワイトハウス実習生モニカ・ルインスキーとの不倫もみ消し疑惑について。クリントン大統領は証言後、テレビ演説を行い「不適切な関係をもった」と一部性的な関係を認めた。偽証・偽証強要・証拠隠蔽などの犯罪容疑は否定した。アメリカ上院での弾劾裁判では弾劾こそまぬがれたが、国民の信頼が薄れたことは間違いない。男女関係という当事者にしかわからない出来事、ホワイトウォーター事件(ホワイトウォーター土地開発会社をめぐる不正融資疑惑)という政治問題、独立検察官との確執など多くの要因に影響を受けている不倫疑惑である。事実は闇のなかにあるが、登場人物が小指を挙げて「俺はこれ(小指)で会社を辞めた」というテレビコマーシャルが思い出される。
モニカ・ルインスキーとの不倫疑惑
発覚の経緯は一九九八年一月、スター独立検察官がある録音テープを入手したことから始まる。当時ホワイトハウスの実習生だったモニカ・ルインスキー(二十五歳)がクリントン大統領との関係を同僚に話した内容が録音されたテープであった。モニカは医師で実業家でもある父をもち、裕福な家庭で生育した。大学卒業後、九五年から約一年半ホワイトハウスの実習生になった。実習生とは正規スタッフの助手として、通常二~三カ月、無給で働く人たちのことである。この間「九五年十一月にホワイトハウスで開かれたパーティで大統領と目が合い、その直後、合意の上で親しい関係になった」「大統領が深夜モニカに電話をかけ、テレフォン*セックスに興た」「大統領はドレスを、モニカはネクタイなどのプレゼントの交換をした」「ホワイトハウスの書斎で一二~二十回のオーラル*セックスを行った」などのやりとりがあったとみられる。ヒラリーという妻をもちながら、クリントン大統領は娘の年齢に近い、極めて年下の女性を相手に約一年間の関係をもったことになる。過去の女性関係を振り返る

クリントン大統領ほど女性スキャンダルに見舞われた大統領はいない。一九七七年から十二年間はクラブ歌手であったジェニファー・フラワーズ(四十七歳)と愛人関係であったといわれる。八三年にクリントンはアーカンソー州知事に就任。同年には元ミス・アーカンソーのダンサー、サリー・パーデユーと交際し、知事の公用車でサリーの自宅を訪れていたらしい。八八年頃には高校時代の同級生で現在は不動産専門の弁護士であるドリー・カイル・プローニングを愛人にしていた。元ミス・アメリカのアーカンソーエ科大学生であったエリザベス・グレーセンとも交際があった。九一年にはアーカンソー州職員であったポーラ・ジョーンズ(三十一歳)に対して、ホテルの部屋に呼びオーラル*セックスを迫り、セクハラ事件になっている。九三年クリントンは大統領に当選した。同年十一月ボランティアとしてホワイトハウスで働いていたキャサリン・ウイリー(五十一歳)に対して、執務室から隣室に連れ込んでキスをし、胸を触り、彼女の手をとって股間を触れさせたという。九四年にはドリー・カイル・プローニングによりを戻すことを求めた。九五年モニカ・ルインスキーとの不倫疑惑が発覚した。このようなクリントン大統領の女性関係には疑問を抱かざるをえない。

参考記事:

些細な喧嘩は普段のコミュニケーションが必要

「共依存」する配偶者を選ぶ
機能不全家族に生育し、心に傷を負った子供は成人して配偶者を求めるとき、特有の選び方をする。娘の場合は男性に対して、やさしい人、指導力があって頼れる人、思い通りになる人、を選びたがる。親から冷たく扱われ、親からの愛情供給が少ないので、何を差し置いても温かく、おだやかで情緒の安定した人を望む。娘自身、自分に対して自信がなく、おどおどしているので、てきばきして行動力があり、頼れそうな人に引かれる。幼少期、父や母の後始末や面倒をみてきているので、他者を世話することに心地良さを感じる。そこで、世話のしやすい、依存的で、はむかわず、思い通りになる人との相性が良い。息子の場合は、女性に対して、美人や高学歴の人、甘えられる人、を求める傾向がある。息子は自分の劣等感を配偶者の美貌や学歴で補おうとする。母の支配によって自尊心の成長をさまたげられ、自己表現が制限された息子は、母子カプセルからの離脱を懸命にはかるが、再び、母と同じ役割を持った支配的な妻を選択しがちである。他者を世話することに心地よさを感じる女性と、世話されることに喜びを感じる男性は前世からの因縁でもあるかのように、あるいは鍵と鍵穴のように強く引かれ合う。このように機能不全家族に生育し、心に傷を持ち、支配と被支配の役割をもつ男女が互いに求め合う配偶者選択を「共依存」と呼ぶ。共依存夫婦は困難な経過をとる。理由は一二つ。第一は支配権を奪い合う。第二は会話がかみ合わない。第三は欠点をなじり合うからである。支配権の奪い合いとは、何か。妻は元々支配的である。夫は妻に甘えているが、その反動で背伸びをしたがり、支配権を求めようとする。すると夫婦の主張は衝突する、衝突してから、互いに妥協したり譲歩すれば折り合えるが、二人ともできない。猛烈な夫婦げんかをし、互いに傷つけ合う。しばらく離れたあと、また接近するとぶつかり合う。これを繰り返す。共依存夫婦の会話は、目立って少ない。二人とも自己表現が苦手なので、普段からコミュニケーションは乏しい。ところが、どうしても話し合わなければならない局面が訪れる。その際、相手の都合も考えずに、突然、重大な話題を持ち出す。相談された側はとまどい、口から出まかせか、その場しのぎの返事をする。あるいは怒りだしてしまう。二人の間の稚拙なコミュニケーション・パターンは、ますます夫婦を遠ざける。結婚して、時間が経つと、互いの欠点がよく見えるようになる。やさしい人だと思っていたが、実は決断力がなく、優柔不断なだけであった。指導力がありそうだったが、劣等感の襄返しで背伸びをしているだけ。甘えられそうな人に見えたが、気が強く、頑固でわがままなだけで、包容力など全くなかったなど。いわば「あばたもエクボ」が、「あばたはあばた」であるとはっきり分かるようになる。実はこれからが夫婦の正念場であろう。互いの短所に目をつぶり、長所に目を向けていこうとしなければならないが、共依存夫婦にはそれができない。むしろ、「裏切られた」「こんなはずではなかった」と思い込み、相手に対して軽蔑や卑下、あるいは馬鹿にし、無視することもある。そして、夫婦関係は険悪になる。このような問題点を共依存夫婦は抱えているのでバトルを繰り返し、互いに消耗する。共依存夫婦は形だけ夫婦を保っているが、それぞれの生活を営んだり、夫婦が各々アディクションに陥ったりしていることが少なくない。共依存夫婦に生まれた子供たちは、新たに両親からのトラウマを受け、夫婦間バトルに巻き込まれ、心に傷を負う。共依存という配偶者選択を鍵に、何世代にもわたって、心に傷を持つ子供を生み出していく。これを”世代伝播” と呼ぶ。

参考記事:できる社会人の異性との出会い方

少しの恋愛と少しの息抜きが生活の上で必要

痛みに耐えきれず、破綻した場合、成人では大別すると二つの病気に陥る。「神経症」(ノイローゼ)と、「心身症」である。神経症とは、ストレスによって精神的な変調を生じる心の病である。過度の緊張の際、動悸が高まり、手や額に汗をかき、息苦しさのために死ぬのではないかと不安に陥る「パニック障害」などが代表的なものである。心身症とは、胃、十二指腸潰瘍、気管支ぜんそく、潰瘍性大腸炎など、ストレスによって身体的な病気を引き起こす疾患群を指す。一方、心の破綻を防ぐためにストレスを和らげる方法を模索する場合がある。スポーツ、飲酒、おしゃべり、買い物、カラオケなどのいわゆるストレス解消法である。飲酒はエチルアルコールという薬物、おしゃべりは気のおけない他人の存在、カラオケは歌によって心のウサ(リストレス)を吐き出させる。買い物は高揚感や陶酔感、スポーツは身体的な興奮によって心のウサを洗い流す。ところが、ストレス解消法自体にのめりこみ、習慣化し、弊害が生じるようになり、自分のカではやめることができなくなった場合をアディクション(依存症あるいは嗜癖)発生に関与する要因の重みが異なる。アルコール依存症という最も古典的でオーソドックスなアディクションには、酒が飲めるという体質が発生に大きく関与する。ギャンブル依存症は、幼少期に刷り込まれたギャンブル経験などの生育要因や、生来の空虚感が強いという性格要因が大きな役割をもつ。過食症は、食べることに親和性をもつ女性かつティーンエージャーであるという基本属性が大きく影響する。機能不全家族に育ったという生育要因も見逃せない。本書のテーマであるラブ・アディクションは、酒も飲めない、ギャンブルにも興味がない、食べることにも引かれないような人が、男女関係のなかに癒しの場を求めようとするのであろう。癒しの手段であったはずの男女関係ではあるが、慢性化し、強化され、さまざまな問題が出現してくると、ラブ・アディクションができあがると考えている。神経症や心身症、アディクションに陥らないで、なんとか持ちこたえてはいるが、心の疼きに耐えかねて生きにくさを感じている人々がいる。ういった人々はアダルト・チルドレン(AC)と呼ばれている。アダルト・チルドレンは病名ではなく、状態像である。漠然と生きにくさを感じてはいたが、自分をどのようにとらえ、どのような方法で治療したらよいか分からない人々にとって、アダルト・チルドレンという言葉が、キーワードとなる。最近、流行語のように使われているアダルト・チルドレンという言葉だが、生きにくさを感じている一群の人々の心の状態を規定し、おぼれる者にワラ(アダルト・チルドレンというキーワード)を提供したことに意味があると私は考える。ただし、概念の広まりによって、あてはまらない人々を困惑させる恐れもあるので、充分な注意が必要である。

参考記事:

トラウマによる心の傷は恋愛にも引き継がれる

トラウマによる心の傷
機能不全化した家族によってどのような傷が心につけられるのであろうか。①自己評価が低い最も深い心の傷である。このため何事にも自信がなく、劣等感が強い。他者からの批判に耐えられない。自尊心が育ちにくい。②過度な気配りいつも父の行動を観察し、予測する癖がついているので他者の顔色や考えを先読みする。日常生活では心からくつろげることができず、終始、気疲れしている。③怒りの蓄積自己主張をしたいが、父に抑えられているのでできない。心は怒りの感情で満ちる。これが些細な事で表面化し、問題行動になる。④感情の垂れ流し感情のコントロールが不十分で機嫌の良いときと悪いときを行ったり来たりする。悪いときは感情を爆発させる。⑤対人関係がぎくしゃくする母子カプセルなどのため言葉による対人関係づくりの訓練が不足している。意思表示の機会が基本的に少ないので、他者と関係を深め合うことができない。他者と対面したときには即答、紋切り型、断定的、突発的な言語表現をするので、コミュニケーションが作りにくく、対人関係はうまくいかないことがしばしばある。心の傷を刺激するストレス
心の傷は、傷の深さと心の健康性との力関係によって、発症の時期や内容に差が出る。心の健康性が低い場合には、幼少期から問題行動が出現する。夜尿が年長になるまで続く。陰部に直接手をあてたり、パンツのなかにちり紙を入れて摩擦を繰り返す自慰行為がみられる。保育園や幼稚園に通うようになると、落ち着きがなく、友人とうまく遊べず、衝突を繰り返す。こういった子供は多動児と呼ばれる。学童期によく見られるのは”ぜんそく”である。体質的要因、環境要因など発症には多くの要因が関与するが、機能不全家族に育ち、心の傷をもっている場合も少なくない。中学になると不登校、家庭内暴力、高校では暴力、暴走、自傷行為(タバコの火を自ら手につけるなど)、頻発な自殺企図、性非行(援助交際など)といった形で心の傷が噴出してくる。心の傷が浅く、心の健康性が比較的保たれている場合には、思春期になるまで発症せずに心はもちこたえる。思春期は一生のうちでも激動の時代である。進学か就職、異性問題などの外的な圧力にさらされながら、自我が芽生え、自分に対する問いなおしを始める。このような思春期の自己形成の作業は、一方で、これまで心の奥に押し込められていた心の傷を表面化させる。心の像を抱えながら、社会生活を始めることは容易ではない。就職、異動、対人関係、結婚、出産、子育て、転勤、相続、親との関係など、数え上げればきりがない程のストレスにおそわれる。ストレスは心の傷を容赦なく刺激し、痛みは増強する。

参考記事:

幼少期に見た光景は大人の恋愛に反映される

母は過干渉的な態度を取るが、日常生活を詳細にみると、放任的な態度が頻繁に見られる。子供の頭髪、身づくろい、足のサイズに合った靴などを用意することができない。遠足のときでもリュックを持たせられず、平気で幼稚園バッグのまま行かせてしまう。近所のいじめっ子が子供のパンツを脱がせたり、お菓子を取り上げても追い払わないなど。さらに子供への愛情を表現できない場合がある。スキンシップが不得意で、子供の髪を撫でる、頬に触れる、背中をさする、膝の上に座らせる、やさしく抱擁するなどができない。言葉で「かわいい」「とても愛している」と語りかけることができない。このように過干渉ー放任という両極端の態度を示す傾向がある。子供は過干渉により自立を妨げられ、放任により自尊心を育てることができない。いわば子供は母から「やさしい暴力」を受けることになる。ただし、母子カプセルは固定したものではない。母は身を守るために、多くの時間を子供とカプセルのなかで過ごすが、母の主張をときには父が代弁する場合がある。このときには、母子カプセルのなかから抜け出て、母は父の側に立つ。この母のご都合主義に子供は翻弄される。普段は、父の文句ばかり言っている母が、父の味方をするような発言をするので、子供は母に対して不信感をますますつのらせる。母の示す二枚舌は言葉だけではない。父が母に暴力を振るい、母は泣き叫び、傷つき、半狂乱となることがしばしばである。いわば母は父の被害者である。ところが、夜になると、母は加害者の父とセックスをして満足した様子を示す。子供には母が父に対して、なぜ敵対する行動を取らないのか、分からない。子供はそのような母にしてしまうセックスに対して嫌悪感を抱くようになる場合も少なくない。ラブ・アディクションに陥った者に見られる典型的な家族背景には、父からのトラウマと母によるカプセルによって、心が傷つけられてきたという歴史がある。家族の機能不全化はバリエーションが多様である。父がアディクションや暴力のような目に見える問題行動を示さず、仕事依存症による家庭放棄や家庭への無関心や無理解などの問題を持つ場合がある。父親不在は子供にとって男性イメージや父親イメージを作りにくく、母は孤独と淋しさのため子供とのカプセルをつくるようになる。一方、母がアディクションや暴力問題を持つ場合は、家庭が作られにくく、家庭ができたとしてもすぐに崩壊してしまう。

参考記事: